最新情報

2017年モデル 遂に解禁!!! 

2016/08/29

2017年モデル 遂に解禁!!! 

ハーレーダビッドソンのニューモデル2017年式が全世界同時発表されましたね!
既にハーレーダビッドソンジャパンホームページからその全容を公開しておりますが、
ニューモデルの変更点をまとめてご紹介致します。
最大のニュースは新型エンジン、ミルウォーキーエイトの投入。

inline_y4342e95ea2703530efef9c6ccef2f65_18d5d0f4e4f1.jpg



OHV8バルブシングルカムツインプラグで107ciと114ciの排気量をご用意。
馬力、トルクともに10%以上上乗せされたようです、またサスペンションも一新され軽快なハンドリングとなりました。
新型の発電システムやオイルポンプも強化され、低回転のデメリットである電圧不足オイル量不足を解消。
回転数は従来の1050回転から850回転にまで抑える事に成功しました。
ハーレーらしい鼓動感、サウンドフィールを一層体感していただけます。
その他、リア側のエキゾーストパイプを内側に引っ込めて足から熱源となるパイプを遠ざけ快適性を向上させました。
スロットルボディは50mmから55mmに大口径化(出力向上の為)、ツインプラグ(完全燃焼化)となりました。
搭載車種はFLHTKをはじめとするツーリングファミリーとそのCVOモデル。
CVOブレイクアウトに関しては従来通り110ci搭載となる模様です。
そしてダイナファミリーは全車ツインカム103ci搭載。ローライダーSも継続販売が決定しております。


inline_s06992785d7c047dc8f61c08ecacacf8_a3faa20c485c.jpg



排気量アップにともないトルクが増大し、マフラーサウンドもより迫力を増しました。
スポーツスターファミリーは全車ABS搭載となりました。


inline_u20a56346e121ce7e4470cd9a08bd81c_e79ecd6d6696.jpg



XG750ストリートにもABSが搭載されブレーキキャリパーはブレンボにグレードアップ。
回転計やシフトインジケーターを搭載しスポーツスターファミリーに劣らない装備となりました。
また、FLRT(フリーウィーラー)という軽量トライクもラインナップされました。


inline_nbafbc1e319329b82c47dbb12d46e767_63ebf476e459.jpg



アメリカなどでは2014年モデルから販売しておりましたが、満を持して日本導入となりました。
まもなく順次店頭へのデリバリーが開始されます。
また車両が入荷してきましたら続報をお伝えいたします。
詳しい情報はハーレーダビッドソン各店営業スタッフまでお気軽にお問い合わせ下さいませ。

前のページへ戻る